CCPulse で座席表の代わりになるレポートを作る– 第4回 | 技術情報

CCPulse で座席表の代わりになるレポートを作る
– 第4回


数年前の私

CT-Worksのスマイリーです。

台風18号が去ったと思いきや、次は19号も日本に接近中とのこと。外出時はいつも効率よく動きたいと思っている私にとっては、とても気になる天候です。あー、早く安定した冬型の気圧配置にならないかな~…と思っているのは私だけ?

さて、前回の記事(CCPulse で座席表の代わりになるレポートを作る – 第3回)で予告したとおり、今回からCCPulse上でレポートを作成/表示する具体的な手順等について書いてまいります。

なお、これから書く手順等は、CCPulseのヘルプファイルにも掲載されております。このヘルプファイルはダウンロード可能で、次のURLへアクセスし「CCPulse+ Help」のリンクから取得します:
http://docs.genesys.com/Documentation/RT

記載箇所は上記ヘルプファイルの「Creating Real-Time Views」の章です:
SL_04_01_CCPulse_help

但し、ヘルプファイルの内容は全て英語で記述されていますので、日本語の方が宜しい方は、このまま本記事にお付き合い頂ければと思います。

★完成したレポートのイメージ

この後の手順等に従っていただきますと、完成するレポートは下の画面イメージのようになります:
SL_01_01_Aimed_Layout
右枠内には上から順に:

  • VAG比率レポート
  • 呼数・時間レポート
  • エージェント状態

と名付けられたタブがあり、その中にレポートが表示されています。これからこれらのレポートを作成してまいりますが、Genesysソフトウェアの中ではこれらを「ビュー(View)」と呼んでいます。

★レポート(=ビュー)の作成開始

「VAG比率レポート」の作成を始めます。

このレポートは、個別のエージェントについてではなく、エージェントグループを対象にしたものです。

エージェントグループについてレポートを作成を開始するには、左枠内のツリー表示上でエージェントグループを選択し、マウスを右クリックし「Create Real-Time View」を左クリックします:

レポートの作成開始

レポート対象のエージェントグループを右クリック

「Create Real-Time View」を左クリック

ポップアップする「Real-Time Data Template」ダイアログボックス上で、「VAG比率レポート」テンプレートを見つけて下さい:

レポートテンプレート一覧

レポートテンプレート一覧

皆さんの環境内で「VAG比率レポート」テンプレートは見つかりました?見つかりませんよね。
なぜなら、このテンプレートは私が作成したもので、他の誰も持っていないからです。

もちろん、テンプレートを作成することは誰にでも可能で、その手順は前述のCCPulseヘルプファイルに記載されています。しかし、それはそれでまた別のまとまった話しですので、今回は私が作成したものをダウンロードしてお使い下さい:

このダウンロードにより取得したZipファイルの中には、3つのテンプレートファイル(拡張子は.xtpl)が入っています。
それら全てを所定のフォルダに解凍します。CCPulseレポート(=ビュー)用のテンプレートファイルを、どのフォルダに格納すべきかが分からない時は、Genesysソフトウェアの管理担当者にお尋ね下さい。

テンプレートファイルを所定のフォルダに解凍しましたら、CCPulseを起動します。起動済みの場合は再起動して下さい。

★VAG比率レポート(=ビュー)の作成

ちょっと前の画面イメージで示したとおり、左枠内のツリー表示上でレポート対象のエージェントグループを選択し、マウスを右クリックし「Create Real-Time View」を左クリックします。
今度は「VAG比率レポート」テンプレートが現れるはずですので、選択しOKボタンをクリックします。
下の画面イメージのようになると思います:
SL_04_04_VAG_ReportView
「VAG比率レポート – View 1」の文字列を修正します。この文字列はレポートの名称です。
修正には少々コツが必要です。一度この文字列をマウスで1回だけ左クリックし、ちょっと間を置いてから2回目の左クリックします。そうすることにより、この文字列が編集できるようになります。Windowsで文字列を修正する際に通常使用するF2きーは、この場面では使用できません:

レポート名の変更

レポート名の変更

下の画面イメージのように文字列を「VAG比率レポート」に変更します:

レポート名変更直後

レポート名変更直後

レポート名の変更と同時に、直ぐ上のタブの名称も変更されます。

★呼数・時間レポートおよびエージェント状態の作成

VAG比率レポート作成時と同じ要領で、「呼数・時間レポート」および「エージェント状態」のビューを作成します。

■呼数・時間レポートの作成

左枠内でレポート対象のエージェントをShiftキーまたはCtlrキーを使用し複数選択し、マウスを右クリックし、更に「Create Real-Time View」を左クリックします:

「呼数・時間レポート」作成開始

「呼数・時間レポート」作成開始

ポップアップした「Real-Time Data Template」のリスト上で「エージェントレポート」テンプレートを選択しOKボタンをクリックします:

「エージェントレポート」テンプレートの選択

「エージェントレポート」テンプレートの選択

「VAG比率レポート」ビューの時と同じ要領で、下の画面イメージのようにビュー名を変更します:

ビュー名の変更

ビュー名の変更

■エージェント状態ビューの作成

3つ目のビューとして、「エージェント状態」を作成します。
「呼数・時間レポート」の時と同じ要領で、レポート対象のエージェントをShiftキーまたはCtlrキーを使用し複数選択し、マウスを右クリックし、更に「Create Real-Time View」を左クリックします

ポップアップした「Real-Time Data Template」のリスト上で、今度は「エージェント状態」テンプレートを選択しOKボタンをクリックします。

最後にビュー名を「エージェント状態」に変更します:

SL_04_10_3_initial_views
これでビューが3つ作成されました。

次は最後の仕上げとして各ビューの表示のされ方を変更し、最終形の「座席表もどき」のレポートにするのですが、手順がもう少しありますので次回(本シリーズの最終回になる予定です)の記事にしたいと思います。

お疲れ様でした!

ご質問/ご用命/お問い合わせ

CCPulse で座席表の代わりになるレポートを作る – 第1回
CCPulse で座席表の代わりになるレポートを作る – 第2回
CCPulse で座席表の代わりになるレポートを作る – 第3回
CCPulse で座席表の代わりになるレポートを作る – 最終回


Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料ダウンロード(最新の3件)